• 法律専門職の一つ
    司法書士は主に土地や不動産登記などをしたりする職業ですが、他にも裁判所や法務局などへ書類を作成して提出したり、成年後見人に代わって財産を管理したり、簡易裁判所での訴訟代理などを行ったりします。相続に関する相談を請け負ったりすることもあります。
  • 誰が受け継ぐのか
    相続に関することも法律で色々と定められており、難しいので、司法書士などに相談する人も増えてきました。そして、解決する際に色々な疑問や問題も出てきます。まず、家族でもどんな立場の人が亡くなった人の遺産を受け継ぐことが出来るのかということがあります。
  • 遺産を分けるとき
    相続にも色々法律に関するルールがあるので、司法書士や行政書士など法律家に相談する人もいます。人が亡くなった後、その人の残した財産などは家族などが受け継ぎます。このことを相続といいます
  • 遺言が最優先
    遺言は亡くなった人が、自分が死んだ後にどういうことをして欲しいということなどを書いたものです。相続をする際に遺言があった場合は、その意思通りに従って遺産が分割されます。遺産を分割する際には司法書士に相談することもあります。

髪とペン

相続とひとまとめにしていますが、司法書士などの法律家に相談するときも、どんな相続の仕方をしたいのかによって対応が変わります。単純承認、限定承認、相続放棄など受け継ぎ方の種類があります。
遺産と言っても残されるのは財ばかりではなく、債務などの負債が残される場合があります。一方的に受け継がせるのは大変なので、このような制度があります。

分けられた財産をそのまま受け継ぐのが単純承認、遺産に債務があった場合、返済義務を自分の相続分の財産でまかなえる金額にとどめて承認するのが限定承認、財産を受け継がないことを相続放棄といいます。

書類

人が亡くなった後、その人の残した遺産を分けようというときに、相続税という税金がかかります。そんなとき、相続に関することが詳しく分からず司法書士などの法律家に相談することもあります。遺産を受け継ぐのにもお金がかかるのです。
相続税の対象になるものは原則すべてになります。保険金などのものは財産を分ける際の対象外なので相続財産ということにはなりませんが、相続税の金額を出すためには含まなければならないので、税の計算をするときには保険金などの金額も全て含まれた状態で算出されます。

この財産を分けるときには相続財産の中に含まれないのに、相続税を計算するときには含まれる財産のことをみなし相続財産といいます。